広告

2014年06月02日

法医学のポイント5

@労働能力鑑定とは?

後遺症が残った時の労働能力の喪失程度により、一番重症の1級から軽症の10級へと分類される。
鑑定時期は損傷が直接的に起こした損傷や損傷による合併症の医療終了時期に行う。
(受傷者が一定期間の治療を経て、後遺症ありかなしかが判断される。)

A刑事責任能力とは?

ある年齢になった少年と成人が自らの犯罪行為に刑事責任を負える能力のこと。

B外傷原発性死因の原因には(A)、(B)、(C)、(D)などがある。

(A)出血(B)一次性ショック(C)震盪(D)重要臓器の損傷

C親子鑑定とは?

自然科学的方法を用いて、生物学的な血縁関係の有無を判断すること。

D医療事故の分類は?

1級 患者の死亡。重篤な身体不自由を来たす医療事故。
2級 中度の身体不自由を来たす医療事故。あるいは重篤な器官の機能障害を来たす医療事故。
3級 軽度の身体不自由を来たす医療事故。あるいは一般的な器官の機能障害を来たす医療事故。
4級 患者の身体不自由、あるいは機能障害を来たす医療事故。

E医療事故の特徴は(A)、(B)、(C)である。

(A)主体の合法性(B)行為の違法性(C)行為の損害性
posted by 法医 at 20:22| 問題演習5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。