広告

2014年05月27日

法医学のポイント3

@窒息を期間により、6期に分類すると?

窒息前期、吸息性呼吸困難期、呼気性呼吸困難期、呼吸暫停期、終末呼吸期、呼吸停止期
Q窒息死の特徴は?

暗赤色流動性の血液、内臓うっ血、粘膜漿膜下のうっ血性出血、肺気腫(肺水腫)、脾出血

A縊死とは?

索状物を頚部に巻きつけ、片方を上に固定し、体重により頚部を圧迫され窒息死したもの。

B絞死(勒死)とは?扼死とは?

索状物を頚部に巻きつけ、自己または他人の手により、頚部を圧迫して窒息死したものを絞死(勒死)と言う。。(絞死(勒死)は体重以外の力による)指や手により窒息死させたものを扼死と言う。

C焼死死体の所見は?

外表:様々な程度の熱傷、皮膚組織の亀裂、格闘家姿勢、眼瞼裂に煤が存在。
内部:呼吸道 熱作用呼吸道総合症 煤の吸引による。
   心血管 血液が鮮紅色を呈する。右心房は左心臓より鮮紅。

D熱作用呼吸道総合症とは?

呼吸熱傷によって起こされた急性喉頭水腫、急性壊死性咽頭炎、急性気管支及び気管周囲炎

E焼死の死亡機序には(A)、(B)、(C)がある。

(A)ショック(B)窒息(C)中毒

F電流斑とは?

電流が流れた時に皮膚の入口出口に形成される損傷で、皮膚の角質層が厚い部分は電気抵抗が大きく、電流通過時のジュール熱が大きくなり電流斑生じる。角質層が厚い部分で角質層の中に空泡が生じ、多数の空泡が集まり蜂窩状となる。

G内因死とは?

内因性疾病による死亡

H内因性急死とは?
一見、健康そうに生活していた人が、急に死亡することを言う。
1.発病から24時間以内に死亡
2.予期されない時期、場所で死亡
3.疾患がある場合とない場合がある。

I原因不明な内因性急死にはどのようなものがあるか?

青壮年急死症候群、乳幼児急死症候群

posted by 法医 at 18:07| 問題演習3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。