広告

2014年05月24日

法医学のポイント1

@法医学の定義とは?(テスト)

医学、生物学および他の自然科学の理論と技術を応用して、司法実践中に医学に関する問題を研究し、また解決を与える医学科学である。

A法医学の中で、死体を扱うのが(A)、生体を扱うのが(B)、生物検体を扱うのが(C)である。

(A)法医病理学(B)法医臨床学(C)法医物証学

B死亡の定義とは?

死亡とは、脳、心臓、肺の機能が永久的、不可逆的に停止した状態である。

C超生反応とは?(重要)

個体としては、死亡しているとしても、身体の一部の組織や細胞の機能、運動性、あるいは刺激興奮は数時間以上も残存している状態のこと。

D植物状態とは?(重要)

大脳皮質の機能が喪失したが、脳幹の機能は維持されている状態。

E脳死とは?(重要)

大脳、小脳、脳幹を含む脳すべての機能が不可逆的に停止して状態。

F仮死とは?(重要)

全身の生命機能がきわめて弱くなり、生きている徴候を客観的に証明しにくい状態

G法医学では、死亡は(A)死亡と(B)死亡に分けられる。(A)はさらに、老衰による(C)死亡、病気などによる(D)死亡に分けられる。(B)は(E)死亡とも言われる。

(A)自然(B)非自然(C)生理性(D)病理性(E)暴力性

H死因の方式には(A)、(B)、(C)がある。機械損傷には(D)、(E)、(F)がある。

(A)自殺(B)他殺(C)災害(D)鋭器傷(E)鈍器傷(F)火器傷

I安楽死とは?

治癒されない疾病に罹患し、死亡状態に近づいた患者は、精神および肉体のつらさが極めて酷いので、人為的に無痛状態で死亡させること。

posted by 法医 at 03:28| 問題演習1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。